2013年

2月

01日

マクロビオティックレシピ☆バーニャ・カウダ・ソース

動物性のものを一切使わない、バーニャ・カウダ・ソースのご紹介です!

 

アンチョビが入らないとはいえ、本家に劣らないしっかりとしたお味に仕上がりますよ~♪

材料が少し違うだけで、作り方も同じです。

 

ニンニクは縦半分に切り、中の芽を取り除きます。

これは苦みを出さないための手順、面倒でもちゃんとやっておいた方が美味しくなりますよ。

 

小ぶりの鍋に上記の下処理をしたニンニクを入れ(今回吉野ヶ里ジャンボガーリックを一部使用しました。普通のニンニクなら5~6片もあれば2人分くらいにはなるでしょうか。量はお好みで~!)、豆乳、水を半々くらい、ひたひたに注ぎ柔らかくなるまで煮ていきます。

途中、水分が飛んでしまうようならお水を適宜足してください。

そしてアンチョビの代わりに入れるのは・・・

塩麹!

柔らかくなったニンニクに塩麹を加え、お鍋の水分ごとハンドミキサーで撹拌します。

(この時ちょっと味見してみて塩加減を確認してください~!入れ過ぎはしょっぱくなるので注意ですが、お好みで塩麹の量を調整してくださいね)

こちらにエキストラ・バージン・オリーブオイルをたっぷり!

・・・でも少しずつ(笑)加えながら更に撹拌していきます♪

オイルはできていたソースの量の1/2~2/3くらいの量を目安に。

こうしてみると結構な量のバーニャ・カウダ・ソースが出来上がりますね。

 

今回使ったオリーブオイルはNews☆でもご紹介したシネオメガ社のエキストラ・バージン・オリーブオイル、

「コリンバリ・ハニア・クレタ」

三本の中で一番しっかりとした骨格のある味わいが、ニンニクの香りに負けることなく香り高くソースを仕上げてくれます☆

 

あとはお好みで、本来の食べ方のようにポットで温めてお野菜につけていただくのも良し、サラダのドレッシング代わりにするのも良し、ハーブなどを混ぜ込み魚料理のソースに、牛のたたきに合わせて・・・などなど、色々使えますよ♪

 

ちょっとお洒落にベジタリアン・メニューを楽しんでみませんか☆

 

facebook

twitter